Requires a javascript capable browser.

ガイソー御坊店

外壁サイディング

アルカベール

塩害にも強いアルミニウム外壁材アルカベール

アルカベール
つの特長

項番1
圧倒的に少ない腐食量

アルカベールはアルミ製。
そのため、サビに対し圧倒的に腐食量が少ないです。沿岸地域でのリフォームにはアルミ製の
アルカベールを断然おすすめいたします!
耐久性が高く、経年劣化や建物にかかる負担も少ないためメンテナンスの手間を軽減できます!

※いつまでも美しくお使いいただくために年1~4回の水洗いが効果的です。
※沿岸地域では、水洗いの回数を増やすことをおすすめいたします。

素材別 腐食量比較(経済産業省 調査報告書より)

スチールとアルミの腐食量の比較表
項番2
優れた耐震性能

1m²あたりわずか1.9kg!
家に掛かる地震力は
地震力=家の重さ×地震加速度という式で求められ、家が重いほど地震の影響が大きくなります。
外装材1㎡あたりの重量比較アルカベールは軽量で、住まいの構造材への負担が少ないため、万一の地震でも建物への影響が少なくてすみます。

アルカベール1.9kg 窯業系外装材16.5kg
項番3
驚きの表現力

最新のテクノロジーとデザイナーのコラボから生まれた「クオリティジェット」が、繊細で表現力の高い表面塗装を実現しました。4色インクを使用したフルカラーインクジェット塗装により、天然素材のナチュラルなイメージを美しく再現します。
バリエーションに富んだデザインだから、お気に入りのものがきっと見つかるはずです。

クオリティジェットのイメージ
スタッフ写真

本物そっくりだからより洗練された仕上がりに!

ジーノストーン
ジーノストーン
シャイニークォーツ
シャイニークォーツ
クリアパミス
クリアパミス
エルモストーン
エルモストーン
項番4
夏や冬も快適にすごせる
断熱性能

サイディング本体の芯材に高い断熱性能を持つノンフロン硬質プラスチックフォーム断熱材を使用しています。
断熱効果が高いので、冬は暖かく、夏は涼しい!

スタッフ写真

家がダウンジャケットを着ているような状態になり、冷暖房の効率が良くなり省エネに!

ノンフロン硬質プラスチックフォーム断熱材を使用
項番5
ずば抜けた耐久性

塗装の平均耐久年数は5~10年ですが、アルカベールは20~30年もつと言われています。
年1~2回水洗いすることでさらなる長持ちも期待できます。 塗り替えや補修を長期間する必要もなく、ランニングコストの面から考えてもアルカベールがお得!

塗装は計600万円 アルカベールは計300万円
項番6
住んだまま、
短期間で工事完了!

上着をはおる感覚で手軽に工事完了!
軽い材料なので、現在お住まいの外壁の上からそのまま張ることができます。

豊富な色・柄のラインナップ

20柄68色!住まいのイメージチェンジが可能です

ラインナップ1

ラインナップ2

ラインナップ3

ラインナップ4
他のパターンを見る閉じる

さらに、ガイソーなら

サイディングのカラーシミュレーション無料!

サイディングは種類や柄が豊富です。具体的なイメージがわかない場合でも、モダン・洋風・和風などお好きな雰囲気をお尋ねし、ご提案いたします。

Before
提案.6
提案.1 採用
提案.7
提案.2
提案.8
提案.3
After
工費:180万円
仕様:YKKapアイアンベール ノベルライン

※サイディングのシミュレーションは約5 ~ 7日後のご提案となります。
※お見積ご希望の方へのサービスとなっております。カラーシミュレーションのみのご提案は致しかねます。

金属サイディングの施工事例

意匠性の高いサイディング材だからこそ自由自在!
和風でも洋風でも、お好きなテイストが選べます!

Before
After

お家が海に近く角地ということもあり、外壁にはところどころ爆裂が発生し素地が見えてしまっている状態でした。今回は耐久性の高いガルバリウム鋼板にフッ素焼付塗装を施した「はる一番」を施工し、耐久性だけでなく美観も長期間維持できる外壁に生まれ変わりました。

Before
After

陽当たりの良い南面の劣化が進行していましたが、外壁サイディング工事で色あせや汚れのお悩みが解消。建物の四隅で色を切り替えるトレンドの張り分けでご近所でも評判の仕上がりになりました。サイディングの柄やカラーでモダンでスタイリッシュな外観に変身しました。

その他サイディング施工事例を見る

工事の流れ

項番1
仮設足場&養生

外壁サイディング工事では仮設足場には大きな役割があります。作業性の良い足場をかけることにより、職人の安全性が保たれ技術を余すことなく発揮できるため、高品質な施工のご提供が可能となります。また、足場を覆うように飛散防止ネットを張ることにより、部材やゴミの落下を防ぎ、近隣の建物が傷つかないよう防止します。

仮設足場&養生
項番2
付帯塗装

破風板、軒天、雨樋、霧除け、面格子など外壁工事に付帯している部分の塗装を行います。付帯部分も外壁同様カビや変色、劣化がみられることが多いので下地処理後、付着性に優れた塗料で丁寧に刷毛塗りをしていきます。ガイソーではこの工程を2回行います。

付帯塗装
項番3
下地胴縁取り付け

「胴縁」と呼ばれる下地材を外壁に取り付けます。この「胴縁」は壁の中に空気の通路をつくる役割も兼ねています。胴縁の上から新しいサイディングを重ね張りしていきます。縦張り専用と横張り専用の外壁材があり、縦張りサイディングの場合は横胴縁に、横張りサイディングの場合は縦胴縁にします。

下地胴縁取り付け
項番4
役物加工取付

サイディングの内部への雨水の侵入を防ぎ、壁面の防水性を確保するため、見切り縁や土台水切りを取り付けます。
この工程は外壁内部の通気を確保するために重要な作業となります。また、窓まわりや出隅部材などもサイディング材の納まりを良くするために正確に取り付けます。

役物加工取付
項番5
サイディング本体張り

下地完成後、いよいよサイディング本体の取り付け工事に入ります。サイディング材を施工経験豊富な職人が一枚一枚、丁寧に下から順番に張り上げていまきす。

サイディング本体張り
項番6
コーキング処理

サイディング材のつなぎ目に施すコーキング処理を行います。シーリング工事とも呼ばれ、細部までしっかり充填、施工していきます。劣化や肉痩せしにくく長期間つなぎ目からの汚れや雨水を防ぐ弾力のある高耐久なコーキング材を使用しています。

コーキング処理
項番7
完了検査&足場解体

お引渡しの前に当社の厳しい施工基準にて完了検査を行い、お客様にも確認をしていただきます。細部までしっかり確認後、養生を剥がして足場を解体します。家全体と近隣の清掃をして工事の完成です。ガイソーでは工事後の定期点検も行っておりますので工事後も安心です。

完了検査&足場解体